ゲームに仕え、頑なに創る音楽。

2015/3/20


「Cabbit ライブ 2015春」の独占ライブレポート!

春めいた陽気に誘われて「春」を感じるべくCabbitさんのライブ「Cabbit ライブ 2015春」に行ってきました!
2月28日に開催された「Cabbit ライブ 2015春」、名前通りとても暖かく心地よいライブでした。
今日は、このライブのレポートをお届けします!

B2_20150228_preview

開演30分前に会場に着いたのですが、もう既に大勢のお客さんがスタンバイ。
ステージのスクリーンに映し出されたゲームのPVで、お客さんのテンションも開演に向け高まっていきました。

18時になるとスクリーンにマスコットキャラのきゃびっとちゃんが登場!
「Cabbit ライブ 2015春」、いよいよ開幕です。
きゃびっとちゃんの前振りトーク、軽快で絶妙でついつい笑ってしまいました。

スクリーンからきゃびっとちゃんが退場した後、スクリーンに映し出されたのは『はるかぜどりに、とまりぎを。』
その後、ステージに登場するみとせのりこさん。
まずはオープニングテーマ「SEVEN COLORS」。
爽やかな早春を感じさせるメロディの中で歌うみとせのりこさんのボーカル、ライブ会場に早速春が訪れました。
続いてはエンディングテーマ「なみのうた」。
ここでのみとせのりこさんは、しっとりと聴かせるスタイル。
ゲームに思いを巡らせる演出で、会場はしっとりとした空気に包まれました。

ここで、司会の小倉結衣さん、藍川珪さんが登場。
一通り紹介した後、霜月はるかさん、柳麻美さんを呼び出し、全員登壇。
みとせのりこさんの独特の間合いとボキャブラリーにより、トークも盛り上がりました。

続いては、『はるかぜどりに、とまりぎを。 2nd Story ~月の扉と海の欠片~』
再登壇したみとせのりこさんが「君のいる場所へ」を熱く歌い上げます。
心地よい声に誘われるようにお客さんのサイリウムがゆったりと左右に揺れ、お客さんのテンションも高まります。
そして、「きゃびっとちゃんのピアノに合わせて歌う」というみとせさんの振りの後でスタートする「心のパズル」。
ピアノとボーカルのみで構成されるしっとりとした歌に、お客さんもうっとりと。

「心のパズル」の後、司会の小倉結衣さん、藍川珪さんが登場し、『翠の海 -midori no umi-』の紹介を厳かに行う。
と思いきや!小倉結衣さんが「知紗やります」をきっかけに、一気に面白トークに(笑)
スクリーンに映し出された知紗とみちるをバックに爆笑トークが繰り広げられました。
ゲームのカラーの緑に合わせ、お客さんのサイリウムも照明も緑になり、会場全体が緑に染め上げられた中、霜月はるかさんが登場。
オープニングテーマ「翼を持たない少女」スタート。
SHOT MUSICでは『SUPER SHOT4』での「Kaleidoscope (Magical club Remix)」、『SUPER SHOT5』での「希望(ひかり)の剣 (Thanatos Remix)」、『SUPER SHOT6』での「a little more(you remix)」などのリミックスを手掛けているのですが、霜月はるかさんの澄み渡った声をライブでリアルに体感でき感無量でした!
その後は、柳麻美さんが歌うエンディングテーマ「永遠の楽園」。
伸びやかに、そして心地よく歌い上げる声に会場が包み込まれました。

続いては、『キミへ贈る、ソラの花』のターン。
こちらでも最初はしっかりとナレーションする小倉結衣さん、藍川珪さんですが、途中から再び面白モードに。会場は和気藹々なテイストとなりました。
テンション高い稀有な曲との紹介からの「キボウのソラ」。
ここに来てのアップテンポの曲、否が応でもテンションが上がります!
地会場のボルテージが一気に上がりました。
霜月はるかさんもそれに応えるように掛け声で煽り、お客さんもサイリウムを大きく振ってそれに応えていました。
サイリウムによるウェーブ、この一体感、たまりません。
テンションが高まった後にところでしっとりと切り返し。
柳麻美さんが歌うエンディングテーマ「ハナのオト」です。
ステージ上で豊かに歌い上げる声に、心地よい空間に入れ替わりました。

そして、ライブもクライマックス。
司会の小倉結衣さん、藍川珪さんが『箱庭ロジック』の作品世界を紹介しますが、三度面白展開へ。
入谷瑚子のネタや人気投票についてのトーク、そして収録のネタも飛び出し、会場は大いなる笑いの渦が巻き起こりました。
そんな賑やかな流れからのオープニングテーマ「箱庭ロジック」。
ハードなギターとドラムのリズムが飛び出すイントロの登場で、フロアーは大盛り上がり。
軽快なロックのビートに乗せた霜月はるかさんのボーカルが、ゲームのイメージカラーのブルーに包まれたホールを盛り上げて行きます。
そのテンションに乗るようにお客さんのサイリウムが上下に揺れてノリノリに。
その後は柳麻美さんが登場し「君の箱庭」を気持ちの良いボーカルで伸びやかに歌い上げました。

最新作まで来たところでライブが終了。
そして、お客さんの拍手に導かれて、アンコールがスタート!
司会の小倉結衣さん、藍川珪さんのトークの後、みとせのりこさん、柳麻美さん、霜月はるかさんが登場し、それぞれ「なみのうた」、「永遠の楽園」、「キボウのソラ」を文字通りアンコールしました。
最後の「キボウのソラ」では、霜月はるかさんが全員で歌うことを提案し、豪華なコラボステージがここに実現!
ボーカル、会場のお客さん、照明演出が一体となった最高潮の盛り上がり、鳥肌が立ちました。

終始アットホームな雰囲気に包まれた「Cabbit ライブ 2015春」。
聴かせるしっとりとした曲が多かったですが、合間で飛び出すリズミカルなテンポの曲が良いアクセントとなり、あっという間に感じさせる絶妙なセットでした。
また、映像演出やトークも含め、Cabbitさんのゲームの世界を細部に渡って体現したライブでもありました。
会場にいつまでも残っている笑顔のお客さんがたくさんいたこと、これこそがライブへのお客さんの満足の何よりもの証だと思いました。